2017年03月20日 - イマジン&クリエイトのブログ|人材育成・接客研修を東京でお考えならイマジン&クリエイトにお任せください。

IMAGINE&CREATE
感じて想像して創造する人・会社
2017年03月20日 [+0.5]
キャリアも人気もあるニュースキャスター。
若手が手本とする立場でもあると思う。
品よくまとめられたスーツ姿も好印象で、落ち着いた対談も、安心感があります。
ところが…立ち上がってゲストとのお礼の握手をしたときに残念な無作法。
なぜか観ていたこちらが気まずくなってしまいました。
握手を交わしながら深々とお辞儀をした、そのあと!
上げた顔はどこかをみていました。
ゲストの方はキャスターの顔をしかっり見ていました。
お辞儀は顔を上げたときに、相手の目をみる、これが挨拶の締めくくりです。
手と手が握られていても、顔と目がどこかを見ていたら…心ここにあらず。残念なシーンでした。
対談では相手を気遣った言葉選びや、話すスピードがさすがだなと思ってみていました。
最後まで気を抜かず、温かみや親しみ、お礼の気持ちをしっかりと示す「最後のアイコンタクト」。
このちょっとしたことだけど、とても大切なことを再確認したシーンでした。


PageTop